« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

あなただれ?

我が家の庭をほんの2Cmほど土を分けると何かの幼虫が・・・。

Photo_143 体長約5cm。カブトの幼虫のようなものが蠢いていた。

頭の方から茶色い2~3mmの産毛のような毛が生えている。

この時期にカブトの幼虫が野生でこんなに大きくなるはずはないのでは?

このように思いつつもう少し掘ると居ました居ました。Photo_144

たくさん出てきます。

Photo_145 あっと言う間に20頭程出てきました。

左の写真はその一部。右の写真はその拡大写真です。

我が家で先日確認したカブトの幼虫は約2cm程度になっているがこれほど大きくない。

娘が数頭を飼うというのでプリンカップに入れてみた。

何が出てくるやら。

気色の悪い虫が出てきませんように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

もともといたやつ

以前ノコギリクワガタの産卵用に朽木をセットしようとしたら、買ってきたばかりの朽木の中に何かの幼虫が・・・。

娘が『もともといたやつ』とラベルに書いて飼育ケースでしばらく飼うことに。

Photo_142今日、ケースの横から何やら黒いものが見えたので開けてみると娘が一番好きなコクワのメンタでした。

大喜びの娘。さらに朽木の穴を良く見るとオンタまでいました。(写真の上の方にかすかに見える黒い物体がオンタです。)

1本74円の朽木にコクワの幼虫がペアで潜んでいたのでした。しかもきれいに羽化しています。

ノコの産卵用にと半日ほどこの朽木を水につけたままにしていたのに無事だったのです。

その後、殆ど霧吹きで水もやらずにかなり乾燥していたのによく羽化してくれました。

それでもやっぱり引っ張り出されたコクワは娘にいじくりまわされる運命なのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年7月26日 (木)

素人のカブ・クワ飼育12

梅雨明けとともに我が家のノコギリクワガタの幼虫が変です。

Photo_139 現在9頭のノコの幼虫がいますが、その内6頭が常にマットの上にあがっています。

Photo_140 マットの上をゴソゴソ、ニョロニョロと動き回っています。

マットが気に入らないのか、温度が高いのか良く分かりませんが、とりあえず容器を開けて団扇で扇いで、霧吹きで加水して様子を見ることに。

約3週間前にカブクワショップでお勧めのマットに交換したところ機嫌よく潜っていたのに、この数日一斉に表に出てきました。

このままマットの上を徘徊し続けるようならマットの交換も考ようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

お祭り

今日は町内のお祭りです。天神さまのお祭りです。

Photo_137 町内の公会堂でお御輿の準備がされています。

もうまもなく夜店が始まります。

最近では夜店の数が極端に減ってしまいました。

我々が子供の時と比べると10分の1くらいになっています。

何かとっても寂しい気がします。Photo_138

それでも子供達は嬉しそうに楽しそうに友達連れや親に連れられて何度も夜店が出ているところを往復しています。

日暮れになり天神さまの前の道が歩行者天国になりました。

お神輿も道に飾られました。明日は町内を一巡りされます。

菅原道真公を祭る天神さま。学問の神様です。

子供の学力低下が社会問題になっています。天神さまに日本の子供達の学力向上をお願いしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

お稲荷さん 本宮祭前日

今日は久しぶりにお稲荷さんにお参りに行ってきました。

明日はお稲荷さんの本宮祭です。お祭りの準備と夜店の準備で境内はオオワラワです。

Photo_136  写真は本殿を斜め前方から撮ったものですが、赤いちょうちんが境内のそこら中にぶら下がっています。

それだけで、いつもと全く違う雰囲気です。

お稲荷さんは商売繁盛と食物の神様です。伊勢神宮の外宮の祭神、豊受大神と同一視されています。その中でも伏見稲荷は全国の稲荷神社の総本宮です。

商売繁盛を願う人、お金持ちになりたい人、食べ物に感謝したい人は写真に向かって拝んでみましょう。きっといいことがありますよ。(みんなでいいことを分かち合いましょう。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

素人のカブ・クワ飼育11

いじくられ隊と産卵組それぞれを少し大きめのケースにして6つに分かれているケースを2つにまとめることにした。

Photo_133 写真は産卵組。きれーにセットしてもあっと言う間に写真のごとくケースの中はグチャグチャ。

カブトとマットをこのケースに移した。

元のケースの底に残ったマットをさらえてこのケースに移そうとしたら何やら見慣れたものがコロコロっと。

Photo_134 やはり早くも産卵していた。

時間が余りなかったので大雑把(いつものことですが)にマットの中を見ると20個程度の卵を発見。

とりあえず今日のところはこんなもんにしておいて小さいプリンカップに約20個の卵をまとめて放り込んだ。

まだあるとは思うが出かける時間になったのでマットは新しいケースにバサッバサッと入れておくことに。

明日にでも卵をケースに入れよう。

取り残しているであろうマット内の卵はそのまま産卵組のケースの中にほったらかしにしておこう。

運がよければさらに産卵して幼虫に勝手になっていることでしょう。

いやー。国産カブトは逞しい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

コクワガタ 3

5月12日にオンタと別居させたコクワガタのメンタ。

ケースに一人住まい。思い出したようにアルキデス用にペットショップで購入した高タンパクゼリーをチョロチョロと食べに出てきます。

Photo_131  ケースの底を見てみると小さな小さなニョロッとしたやつがいました。

まだケースの外からかすかに分かるような大きさですが、間違いなく幼虫です。

今のところ確認できているのはこれ1頭のみです。

(相変わらず、へったな写真でピンボケで見苦しい点お詫びします。)

もうしばらくほっといて、今月中旬にでも材割りでもしてみようかな。

でも、数も大きさも全く期待はできません。

どうなることやら・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »