« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土)

およよ。 アルキデス2

およよ。

おまえもか~。Photo_111

この間のメンタに続き、オンタまで。

昨日の晩はガサゴソと音がしていたのに。

今日の昼頃ご挨拶しようと思ったら・・・。

やっぱり素人は日本のゲンジがいいのかな。

自分には荷が重かったのかも。

とっても短いお付き合いでした。

成仏してくれ~。 アーメン。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月26日 (木)

どこの国?

今日の朝、娘がトイレで叫んでいた。

『おしっこ流したのに水だけ流れておしっこが残った。』???なんのこっちゃ?また器用な流し方を・・・。

よく聞くと何度流しても黄色い水が残るらしい。

Photo_110 ちょっと見にくいが、水道の水をコップに取るとかなり黄色い。

そういえば、10数年前タイに行ったとき、チャオプラヤ川沿いの一流ホテルでもこんな水が出ていた。(ホテルが専用の浄水装置を設置しているにもかかわらず。)

京都もバンコクになってしまったか。

ある人曰く、『昨晩京都市内でかなり大きな火事があり、消防車13台で一斉放水したから水道管のさびが一気に出た。』

また、ある人曰く『午前5時ごろ家から1~2km位のところで水道管が破裂していた。』

いずれにせよ、水道局からは何の連絡もなし。ごく小さな給水車が来ていたが何のアナウンスもせずに、たまたま前を通った人に水を配っていた。でも10人くらいに配ればなくなってしまうような給水車だ。なくなる度に給水しに戻っていた。

お年寄りの家は外を歩かないので、水を配っていることすら知らずに、夕方まで黄色い水で、料理もできず、朝に洗濯したものはまだらに黄土色に染まっていたらしい。

夕方水が普通になってから、車でアナウンスしながら町内を1回りして帰っていった。

なんとも不親切な京都市水道局でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月21日 (土)

およよ。 アルキデス。

あまりに短いお付き合いでした。

Photo_108 3月に娘にせがまれてペットショップで買ったアルキデスのメンタが★になりました。

買った時から殆ど動かなかったが、常にマットに2㎝ほどもぐった状態でした。

こんなに早く逝ってしまうとは・・・。

娘と娘の友達がツヤツヤの亡骸を撫でて撫でて別れを惜しんでいました。

オンタにはその分長生きしてもらいましょ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年4月18日 (水)

伏見稲荷大社 3

Photo_103 いよいよお山も半分以上回りました。

上之社です。ここは末廣大神のご神蹟です。お山の中で一番高いところです。

そこからしばらくすると中之社です。Photo_106

青木大神が祀られています。

上之社から中之社はあっと言う間です。

その後もあっと言う間に下之社につきます。

この一の峯から三の峯までは尾根伝いにすぐです。

Photo_107

下之社は白菊大明神です。個人的に私はこの神様に大変お世話になっています。

上之社、中之社、下之社とも ご神蹟の前に石段があり石段下に一軒ずつお供えや小さな鳥居を売っている販売所があります。

そこでお供えやロウソクを買います。すると店のおっちゃんが火打石で清めてくれます。

それを神前にお供えし、参拝したらお供えを再度販売所に持ち帰ります。

すると販売所のおっちゃんがお供えを家に持って帰るように袋に入れてくれます。

五大社のご神蹟の周りには100~160位の塚があります。塚は小さな石でできており、それぞれに神様が祀られています。一つの塚に1柱から多い塚だと10柱以上の神様が祀られています。

稲荷山全体ではどれ位の神様が祀られているのやら・・・。

さすがは稲荷神社の総本宮です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月15日 (日)

伏見稲荷大社 2

伏見稲荷大社の続きです。

Photo_100 稲荷山の繁華街である四辻(おうどん屋さん兼売店が2~3軒あります。)の横には五大社の一つ田中社があります。大変な荒神様です。

そこを過ぎて進んでいくと眼力社があります。狐の口から水が出ています。

この狐の横に貼り紙がありました。『この水は環境、気候等の変化により残念ながら飲めません。云々・・』

そうです。以前は飲めたのです。参拝者がこの水で喉を潤したのです。残念です。

この眼力様は名前の通り目の神様です。目の病気、視力、見識の神様です。Photo_101

この先に、薬力社があり、少し行くと小さな滝があります。ここも昔は小さなビンが置いてあり、各自の仏心持ちでビンにこの滝の水を入れて持ち帰ることができました。でも今はダメです。

Photo_102 その後はしばらく左の写真のような階段が続きます。

そして、五大社の上之社、中之社、下之社と続きます。

上之社まではひたすら上りです。

後日に続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年4月14日 (土)

伏見稲荷大社

春です。

久しぶりにお稲荷さんの『お山』をしてみようと出かけました。

Photo_93 お稲荷さんの総本山、伏見稲荷大社 の本殿です。

境内は空いていました。Photo_94

右は本殿横の神楽殿です。桜がきれいです。

Photo_97 本殿の後ろは山です。この稲荷山を拝みます。

大祓祝詞 [DVD] をいつものお土産屋さんで買いました。この後はいよいよお山します。

お山の最初、奥の院は先日紹介したので省略します。

奥の院から先に行くと五大社のひとつ、熊鷹社があります。小道の横が即神蹟です。神蹟をもろに至近距離で撮影はもったいないのでしませんでした。

Photo_95 熊鷹社の後ろには池があります。

小さな池ですが、静かな池で鶯が競い合って鳴いています。

それからひたすら階段を上っていくと視界が開けます。Photo_99

左手に京都市内が一望できます。

この日は霞がかかっていて視界はそれほどよくありませんでした。

このすぐ先にお山の中心地点みたいな四辻があります。

この先は次回また報告します。

総合ガイド(4) 伏見稲荷・伏見桃山

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月11日 (水)

桜満開

春爛漫です。

Photo_91 京都の南部にある水路沿いの桜並木です。

数年前までは桜満開の土・日曜日でも延々と1Km位は続く桜並木、両側合わせても3人くらいしか見かけませんでした。

最近は非常に人が多くなり20人くらい見かけます。

この桜並木。ぐるりと1週できます。

最初家内を連れて行ったとき、桜の綺麗さに驚く一方、あまりの人の少なさにがっかりしていました。『少しにぎやかになって団子屋さんでもあれば言うことなしなのに。』と言Photo_92っていました。

それと水路がもう少し綺麗ならば・・・。泥がいっぱいで。でも、大きな鯉が何匹も泳いでいるのが見られます。

この桜も地元の人が毎年毎年世話をしてここまで立派に花を咲かせるようになりました。

我々は花の咲く一瞬だけを見てしまいますが、花のない時期の手入れが大切なのですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

入学式

今日は娘の小学校入学式です。Photo_90

Photo_89 暖かく、天気も良く、まさに絶好の入学式日和です。

桜も満開。やはり入学式には桜が良く似合います。

最近は暖冬が多く、入学式と桜の満開がタイミングが合わない年が多くなってきました。

今年は暖冬で開花も早いと言われていましたが、有難いことに桜さんは入学式にあわせてくださいました。

桜は入学式を祝福してくれているようなのですが、入学式で校長先生の話や新2年生の歓迎の演奏中に声を潜めるわけでもなく普通の話し声で喋っている保護者が何人もいました。

校長先生の話の途中に後ろを振り返った子供にうれしそうに手を振る親もいます。

情けないことです。

学校は勉強を習うところ。常識やモラルは家庭で教えるべきものです。なんでもかんでも学校任せ。その上人の話も聞くことができない親。

義務を放棄して権利ばかり主張する典型です。

自分の子供を真っ当に育てるために保護者よ、今こそ目覚めよ!!

安倍総理、美しい国づくりは遠いですぞ。

年寄りじみてしまった・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

散歩道

いよいよ桜が見ごろになってきました。

Photo_87 家の近くの釈迦堂です。

後ろの桜がほぼ満開になってきました。Photo_84

全国的にも桜と菜の花が競い合って花を咲かせています。

桜の淡い色と菜の花の黄色と緑がとてもよく映えます。

春の花の生気と秋の葉の熟成。日本に生まれて良かったと思える時です。

宇治川の川辺です。Photo_88

Photo_85 木々も若い新芽をつけています。

1年で最も水際が映える季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 2日 (月)

素人のカブ・クワ飼育6

カブトの幼虫のマット交換しました。

Photo_81 前回できなかったケースの17頭です。

ケースの外からは全然見えなかったので心配していたのですが、みんな無事でした。

京都府日吉町と比叡山の混血児の幼虫、我が家に31頭。

17_1

里子に出した17頭も元気でいるようだ。

新しいマットの中にモゾモゾ、グニョグニョともぐっていきました。

ちょっと過密状態かも。

近いうちに少し小分けしてみよう。

去年冬になる前に何頭か消滅した幼虫君がいた。マットの中には亡骸もなくマット以外は何もない。一体全体何処へ消えてしまうのか。不思議です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

京都府立植物園

Photo_66 植物園に行ってきました。

桜はまだ3分咲きくらいですが、枝垂桜はほぼ満開です。

チューリップは満開です。

植物園に入ってすぐ真っ赤なチューリップが咲いていました。Photo_77

だんだん春本番が近づいてきました。

梅は殆ど散っていましたが、桃が満開を迎えていました。

北山通り側の入り口近くではパンジーが満開です。アジサイも新芽が小さく顔を出していました。

Photo_76 温室には熱帯の植物やサボテンが所狭しと茂っています。

植物園の奥のほうには水琴屈がやや金属的な音階を奏でています。Photo_74

中ほどにある池の周りはまだまだ春は遠いような景色です。

丸々と肥えた鯉が1匹泳いでいました。

Photo_75 それ以外はアメンボが数匹いるだけでした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »