« 陰麗華 | トップページ | ひらパー スケート »

2007年2月20日 (火)

カブ・クワの幼虫のフン

カブトムシはクワガタムシに比べかなりの大食漢である。幼虫もそうなのだろう。その為ちょっと気を抜くと幼虫のマットがいつの間にかフンだらけになっている。

この写真は、我が家の庭の木の根元です。黒い甘納豆のようなものはPhoto_5何を隠そうカブトムシのフンです。カブトムシの幼虫をを飼育している方はどのようにフンを処分しているのでしょうか。

フンだけに草木の肥料になるかなと思い、庭木の根元に撒いているが実際はどうなのでしょうか。意外に害があるかもしれません。

Photo_7左の写真のように、我が家の垣根の下はフンだらけになっています。 多少の雨が降っても溶けることなく、未だに原形を保ったまま存在し続けています。ブサイクです。見栄えが悪いです。 何とかしたいです。誰か100g25円位で買ってほしいです。

Photo_8 フンのせいかどうかは知りませんが、今年の秋ごろ土を少し掘るとコクワの幼虫モドキ(写真)があっと言う間に30頭ほど・・・。これはなんの幼虫だろう。確認するのためにPボトルで2頭飼育中です。何が出てくるやら。

これ以外にも我が家にはあと1頭得体の知れない幼虫がいます。ノコギリクワガタの幼虫の為に水につけておいた朽木を見るとなんとなく一部分がオガクズのようになっている。もしや、と思い割ってみるとやはり白いものが朽木の中に・・・。これも飼育ケースにそのまま入れてあります。何が出てくるやら。

カブトムシ・クワガタムシのひみつ カブトムシ・クワガタムシのひみつ

著者:今森 光彦
販売元:ひかりのくに
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上記の本は、我が家での唯一のカブ・クワの資料です。我が家のカブ・クワのバイブルです。写真が多いので保育園に通う娘のお気に入りです。でも、フンの処分と得体の知れない幼虫については何も教えてくれないです。

|

« 陰麗華 | トップページ | ひらパー スケート »

コメント

お尻の先が細く尖って、縦に割れてるとクワガタ。
丸く太って横に割れてるとコガネムシ。
食べてみてサクっとおいしかったらカールです。

投稿: 十子 | 2007年2月21日 (水) 00時18分

ありがとうございます。
早速確認してみます。
試食もしてみます。
おいしかったらアボリジニの方へ輸出を考えます。

投稿: トノ | 2007年2月21日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/219007/5422650

この記事へのトラックバック一覧です: カブ・クワの幼虫のフン:

« 陰麗華 | トップページ | ひらパー スケート »